本文へスキップ

借り入れ件数4社

他社借り入れ件数4社

他社借り入れ件数4社の方の体験談です

他社借入件数4社(52歳 男性 Mさん 借り入れ金額200万円)
他社借入件数4社(42歳 女性 Gさん 借り入れ金額20万円)
他社借入件数4社(34歳 男性 Lさん 借り入れ金額500万円)
他社借入件数4社(30歳 男性 Hさん 借り入れ金額50万円)
他社借入件数4社(37歳 男性 Tさん 借り入れ金額80万円)
他社借入件数4社(52歳 男性 Pさん 借り入れ金額40万円)
他社借入件数4社(28歳 女性 Xさん 借り入れ金額40万円)
他社借入件数4社(41歳 男性 Mさん 借り入れ金額30万円)
他社借入件数4社(30歳 男性 Jさん 借り入れ金額10万円)
他社借入件数4社(58歳 男性 Cさん 借り入れ金額35万円)



◆他社借入件数4社(52歳 男性 Mさん 借り入れ金額200万円)

52歳の既婚、会社員男性のMさんは、
お世辞にもきれいな格好をしているとは言えず、
よれよれのスーツに、くたびれた靴を履いて、
椅子に腰掛けていらっしゃいましたのですが、
遠目から見ても少し疲れているように見えました。

Mさん:「私が一番最初にキャッシングをした理由は、
本当に単純で、生活費の補充でした。

借りた額も5万円と少額だったので、
特に生活に困ることはないだろうと思っていたんです。

ちょうどこの頃から、給料の減額が始まり、
しかも子供の学費がかかってくる時期で、
前回借りた額を返す前に、さらに借りることになってしまいました。

気がついたら消費者金融3社に支払いをするだけで精一杯になっていて、
これではいけないと思い、「ニッシン」さんでひとまとめにしてしまおう
と思って相談して見ました。

4社の支払いが、一応滞りなく支払っていたためか、
時間もかからず審査が通ったのが何よりも救いですね。

とにかくなんとかしないと・・・。

早く手を打たないと大変なことになりそうです」
支払いがきつくなったときは、とにかくおまとめに乗り換えるのも一つの手ですね。

積極的に相談してみると、案外審査が通るということなんですね。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(42歳 女性 Gさん 借り入れ金額20万円)

42歳、主婦のGさんは、一見普通の主婦の方に見えました。

身なりも特に派手ではなく、きちんとされていて、
すでに消費者金融4社に借入れがあるような方には見えませんでした。

Gさん:「最初は、生活費がちょっとたりなくなってしまったので、
それを補填しようと思い、キャッシングしたんです。

大手の消費者金融から20万円の融資枠をもらったので、
なんだか自分の貯金が増えたような気がしちゃって。

キャッシングの契約をした帰り道、パチンコ店があったんですよ。

いつもは手持ちのお金もないし、
行くことなんかなかったのですが、ついつい入ってしまって。

ビギナーズラックっていうのかしら? たまたま座った席が大当たりしましてね(笑)
そのあとも何度か通ったのですが、そのときも大当たりで・・・。

私って、ギャンブルの才能があるんじゃないのかしら?
パチプロで生活していけるかも?・・・なんて勘違いしちゃったんですよね。

ところが急にパタリと勝てなくなってしまって。

ついついムキになっていたら、
家計費を補填しようと思っていた融資枠を全部使っていました。

負けたお金を取り返そうと思い、
気がついたら消費者金融4社から80万の借金をしていました。

こうなると生活費を支払っていくのもきつくなってしまい、
何社か申し込んで見たのですが、すでに4社目なのでことごとく断られて・・・・。

それで、女性専用の「オリーブ」に借入れの申し込んだところ、
20万の融資をしていただきました。

もう、これ以上の借入れは無理かもしれないですね。

ギャンブルで負けた分を取り戻そうなんて考えはやめます。

ギャンブルにはまっている人は、皆、勝てば返せると思ってしまうんですね。

彼女のようにちょっとしたきっかけで、
ギャンブルにはまってしまう人はどのくらいいるのでしょうか・・・。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(34歳 男性 Lさん 借り入れ金額500万円)

今年34歳になる会社員のGさんは、なんだか悩みがあるのか、ため息の多い方でした。

元気がないのに、無理やり元気を出しているというカンジで、
キャッシングする理由を話してくれたのです。

Gさん:「会社の同僚達と、いつもの様に飲みに出かけたときのことなのですが、
ちょうど隣の席にいた女性グループと意気投合して、
カラオケなどに一緒にいくことになったんです。

そのうち、一人の女性と良い感じになり、
その後何度か二人で会うようになって付き合いが始まったんです。

最近、女性とお付き合いする機会もなかったので、
今回は絶対に失敗したくないという気持ちが強くて、
人を見る目が掛けていたのかもしれないです。

ある日、彼女がものすごく真剣な顔をして、
「母親が倒れたのですぐに帰らなくてはならない。
でも、帰省するお金がない」と言ってきたんです。

僕は、すぐに彼女に帰省代としてお金を渡していました。

翌日、彼女から電話がかかってきて、
「母親は手術をすれば助かるけれど、お金がない。
自分では500万ものお金を集められない。どうしよう。
500万貸してもらえないか」という電話がかかってきたんです。

僕は、彼女は、未来の妻になるかもしれないと思っていたので、
当然手術費を集めることにしました。

急を要していたので、
「モビット」「DCキャッシュワン」「アットローン」「三和ファイナンス」
と大手の消費者金融から借り集め、
最後の5社目の「ディック」からは大口を融資をとりつけることができました。

「ありがとう」という彼女に500万を送金し、
いいことができて良かったと満足していたんです・・・。

しかし、それきり彼女から連絡はこないし、
こちらから電話をかけたら既に携帯電話は解約済みです。

後には莫大な借金が残りました。

なんだかもう、人間不信ですよ。

警察に彼女の行方を捜してもらってます。

人の善意につけ込む詐欺には、皆さんも気をつけましょう。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(30歳 男性 Hさん 借り入れ金額50万円)

今年30歳になる独身男性のHさんは、時計やカバンなどをブランド品で固め、
高そうなスーツをさっそうと着こなして登場されました。

第一印象は、とてもお金持ちそうな人という感じでした。

Hさん:「実は、かなりの借入れをしています。

すでに消費者金融4社から250万を借りています。

彼女にいいところを見せたくて、高額なブランド品を買ったり、
プレゼントしたりで、これだけの負債をかかえてしまって・・・。

プレンゼントだけじゃなくて、オシャレなお店や一流ホテルなどに行くためにも、
あたりまえのようにキャッシングしていました。

ところが先日、彼女に借金がばれてしまい、
愛想をつかされ、サヨナラされてしまいました。

まあ、当然といえば当然なんですけれど。

もう、今は借金を返済するための借金になっています。

既に自転車操業に陥っているため、5社目は無理かな?と思っていたのですが、
「クオークローン」で50万の融資枠をもらえました。

おかげさまで、もう少し持ちこたえられそうです。

すみません、心を入れ替えます。

身なりで人の経済状態まではわからないな〜と、思った瞬間でした。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(37歳 男性 Tさん 借り入れ金額80万円)

37歳、名前を聞けば誰でも知っている、上場企業にお勤めの既婚男性Tさんは、
「ここまで負債が増えたのは、自分達が見栄を張ったせいなんです・・・」、
と視線を下に落とし、うつむき加減に話をしてくれました。

Tさん:「僕がキャッシングをした理由は、
子供のお受験にかなりの額を投資したことが始まりです。

そして、次に友人達との交流に、見栄を張って派手な生活をしていました。

お金持ちで余裕のある家庭として見られたかったんです。

そんなことばかりやっていたので、当然ですが収入と支出のバランスが崩れてしまい、
借入れをしないと返済できなくなってしまいました。

消費者金融の借入れも3社、4社と増えていくのに、生活レベルを落とせず、
結局先日、5社目の「プリーバ」に申し込みをしました。

窓口の方はとても丁寧で親切で・・なんだか悲しくなりましね。

派手な生活をして、影でコソコソキャッシング。

審査が通るかどうかビクビクして・・・・。

でも、こんな私でも、80万の融資を受けることができました。

でも、融資が下りたことで決心したことがあります。

それは、もう見栄を張る生活を終わること。

今夜は妻とも真剣に話し合うつもりです。

家族がバラバラになる前に、原因を突き止められて良かったかもしれないですね。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(52歳 男性 Pさん 借り入れ金額40万円)

今年52歳になる男性Mさんの第一印象は、あまり笑わない方だなというものでした。

何か物思いにふけっているような、そんな感じの雰囲気が漂っていました。

Mさん:「妻が脳梗塞で入院してしまってね。

本当は、この後も、病院にいかないといけないんですよ。

そんなこんなで、会社も休みがちになってしまって、
給料もカットされるようになってしまいました。

かといって、妻の介護をしないわけにもいかず、
子供の世話をしないわけにもいかず・・・。

しかし、支払いだけは毎月きちんと請求されるんですよね。

医療費や生活費、仕方がないので消費者金融から借りて支払ってます。

すでに4社借入れをしているので、
さすがに5社目の借入れには少し抵抗がありましたよ。

しかし生活のためということもあって、「アットローン」に申し込んでみました。

断られるだろうと思っていたのですが、
まったく嫌な顔もされず、40万の借入れができました。

でも、そろそろ私も限界です。

誰かに助けてもらいたいです。

家族の病気は身内にとってかなりの痛手ですよね。

早く強力な助っ人が見つかることを願っています。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(28歳 女性 Xさん 借り入れ金額40万円)

今年28歳になるOLのMさんは、サラサラの黒髪で肌も色白。

とても優しい感じのする彼女は、こんな話をしてくれました。

Mさん:「キャッシングのきっかけは、きれいになりたいという思いからなんです。

モデルさんのようなスタイルになりたいと思い、
エステや高額の化粧品などを、お金を借りては購入していました。

気がつくと高額の補正下着までローンを組んで購入していました。

最初は自分のお給料だけでやっていけたのですが、
だんだん苦しくなってきて、既に4社から支払いだの何だのとお金を借りていました。

けれど、今月はもう支払うことができなさそうなので、5社目の申し込みをしました。

銀行系・信販系などでは断られてしまいましたが、
「スタッフィ」さんでよいお返事をいただき、40万円を融資してもらました。

おかげで、これで今月は乗り切れます。

ボーナスが入ったら、真っ先に借金返済にあて、
他のものは使わないようにするつもりです。

女性のきれいになりたい欲求というのは度を過ぎると危険ですね。

彼女のようにきれいになりたい一心で高額の商品を購入してしまい、
助けを求めてくる人は沢山いるのが現実です。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(41歳 男性 Mさん 借り入れ金額30万円)

今年41歳になる男性Mさんは、実は無職ということでした。

少し白髪かかった髪は、ちょっとしたダンディーなおじ様っぽく見えます。

そんなMさんは、「実は半年前にリストラされて・・・・
家族には言えず、だまっているんです」・・・と僕に話してくれました。

Mさん:「今、再就職に向けて日々就職活動中です。

リストラされたのは半年前なのですが、家族に言うこともできず・・・。

毎日、妻にお弁当を作ってもらい、何食わぬ顔で家を出てきています。

生活費は減額されたことにして、退職金を切り崩して、
月々家族に渡していましたが、子供の学費などもあり、
これだけでは足りず、消費者金融から借入れをしています。

さきほど「レイク」で5社目の借入れをお願いしてきました。

もう他社で4社ほど借りているので、無理だろうと思っていたのですが、
借入れ理由を正直に話したら、30万の融資が下りたんです。

家族にわかってしまうのも、もうそろそろ時間の問題かもしれません。

それまでに次の職が見つかってくれると良いのですが・・・。

リストラを家族にいえず、公園で時間をつぶす・・・。

そんな男性の姿を、チラホラ見かけます。

僕はただただ、早く再就職先が見つかることを願うばかりです。

▲TOPへ戻る



◆他社借入件数4社(30歳 男性 Jさん 借り入れ金額10万円)

今年30歳になる広告代理店勤務のJさんは、とても明るい方で、話も上手。

交友関係がとても広そうだなという印象を持ちました。

Jさん:「実は、おそろしい体験をしまして・・・。

いつもの通り会社の同僚達と飲みに出かけたのですが、
1件2件と飲み歩くうちに、新規のお店を開拓しようと言う話になったんです。

止めておけばいいのに、ちょっと怪しげな店にはいってしまったんですよね。

最初は普通だったのですが、支払い段階で怖い男性にかわり・・・。

請求書を見たら、信じられない金額が書いてあったんですよね。

その金額はなんと、78万円。

いわゆる「バッタクリバー」というものですよ(苦笑)
その場にいる人間のお金を合わせてもまったく足りないんです。

カードで支払うと言ったのですが、
現金でしか支払いはできないということになり、
恐怖に震えながら朝を待ち、友人数人を残して消費者金融で借りまくりました。

無人契約機で次々と契約し、5社目の契約でなかなか審査が通らず、
あちこち回って、結局「武富士」でOKをもらいました。

怪しいお店の高額代金を支払って、みんな放心状態で逃げ出しましたよ。

本来なら、同じ人間が同日に数社の借入をするのは、
「借入ブラックリスト」とされ、警戒されてしまいます。

そのため、なかなか融資のOKは下りないのですが、
理由が理由で、消費者金融側も人情的なものに響いたのでしょう。

恐ろしい体験でしたが、借りられて本当によかったですね。

▲TOPへ戻る


◆他社借入件数4社(58歳 男性 Cさん 借り入れ金額35万円)

今年58歳になる会社員のCさんは、
商社の営業マンということで、とてもハキハキした人当たりの良さそうな方でした。

あと2年で定年を迎えようとしている彼は、
さすが人生のベテランというカンジの、紳士さをかもしだしていました。

Cさん:「仕事も落ち着き、もう少し会社に近くて、
広めの部屋を借りたいという気持ちと、
気分転換をしたいおという単純な理由で引越しを決めたんです。

本当は、貯金しているお金から出すべきなんでしょうが、
それは老後の資金として考えているので、今は手をつけたくないんです。

そういうわけで、キャッシングをして資金を調達しました。

とても気に入った物件が見つかったのですが、
予算よりも少しオーバーしてしまい、
切り詰めれば何とかなるかな・・・と思い無理をして借りてしまったんですよね。

それなのに、その直後に給与の減額。

もう・・・びっくりですよ。

引っ越してきたばかりなので他に行くわけにもいかず、
食費を切り詰めたり、交際費を削ったりして暫くしのいでいました。

でも、やっぱり我慢ばかりだとストレスがたまってしまうもので、
少しだけならいいかな?という軽い気持ちで買い物をしてしまいました。

これを皮切りにちょくちょくキャッシングをしていたところ、
気がついたら既に借り入れ4社になっていることに気づき・・・。

とにかく給料日までなんとかしたかったので、
無利息期間付の「ノーローン」で35万を借入れをしました。

貯蓄もあり、返済には問題ないということで、
5社目でしたが、特に問題なく貸してくれました。

でも、まずいですよね・・・・。

引越しをして家賃の安いところに移りたいのですが、
その資金を捻出することができないんですよ。

ははは。

その後、Cさんは貯金を下ろし、
奥様と借りて今より安い家賃のところに、無事引越しされたそうです。

▲TOPへ戻る